生理痛ひどい
医師や専門家が深く詳しく解説します
生理痛ひどい
医師や専門家が深く詳しく解説します

月経困難症の症状や治療法 :ひどい生理痛は他の病気が原因かも!?

公開日
更新日

 
執筆:Mocosuku編集部
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
生理が来ると、下腹部痛や腰痛がひどくて、学校や会社に行けない…」 このような生理痛に関する悩みを抱えている人は少なくないでしょう。ここでは、この悩ましい 月経困難症の症状や治療法 について詳しく説明します。
 
 

月経困難症ってどんな病気?

月経によって強い痛みを感じ、それによって日常生活に影響を及ぼす状態を月経困難症といいます。月経困難症は、原因となる疾患の有無によって次の2つに分けられます。
 
 

機能性(原発性)月経困難症

原因となる疾患が存在せず、月経時に子宮内膜から出るプロスタグランジンという物質によって症状が現れます。
機能性月経困難症の場合、この物質が多く作られることが分かっています。
この物質には、月経時に経血を外に出そうとして子宮を収縮させる働きがありますが、痛みを感じやすくさせる作用もあるため、月経時の辛い痛みを引き起こします。
また、子宮が収縮しすぎることで子宮周辺の血行も悪くなるため、腰部に痛みを感じる人もいます。
ほかには、出産・中絶経験のない10代~20代の若い女性の場合、子宮頸部が硬く狭いことも原因のひとつと考えられています。
また、月経に慣れていないと、緊張感や不安感などの影響で痛みを強く感じてしまうことも珍しくはありませんが、これらは成長とともに軽快していきます。
 
 

器質性(続発性)月経困難症

ほかに原因となっている疾患があり、その影響で症状が現れます。20代~40代の女性に多い子宮内膜症、30代~40代に多いとされる子宮筋腫や子宮腺筋症などが原因となっていることが考えられます。
ほかにも、淋菌(りんきん)やクラミジアなどの細菌感染による骨盤内感染症などによって、下腹部痛などの症状が見られることもあります。
 
 

スポンサーリンク



月経困難症はどんな症状が出るの?

人によって差はありますが、傾向としては月経の直前くらいから、下腹部の痛み、腰痛、頭痛、吐き気、発熱、下痢、関節痛、歯痛などが現れ、生理1日目~2日目に、特に症状が強くなります。
このような症状は、多くの女性が経験するものではありますが、症状が辛いあまりに仕事や学校などの日常生活に影響が及ぶのが月経困難症です。
また、鎮痛剤がないと乗り越えることが難しかったり、飲んでも効果がない人、症状が月経のたびに悪化する人やレバー状の経血が出るなどの症状がある人は、婦人科を受診しましょう。
 
 

月経困難症はどんな検査が病院で行われる?

次のような検査が行われます。
 
(1)問診
病歴、初経年齢、最終月経、月経の状態、月経量の変化、症状と月経周期との関連、日常生活への影響、鎮痛剤の種類と使用頻度、妊娠歴、出産歴などを聞かれます。
 
 
(2)内診
卵巣の大きさや子宮の大きさ・硬さを調べます。性行為の経験がない場合、問診できちんと伝えることで、内診以外の方法を検討してくれることもあります。
 
 
(3)超音波検査
経腹(お腹の上から)超音波、経直腸(肛門から)超音波、経膣(膣から)超音波があり、子宮筋腫や子宮内膜症の可能性を調べます。性行為の経験が無い女性の場合には、基本的に経腹もしくは経直腸超音波検査になります。
 
 
(4)そのほかの検査
採血で炎症反応をみるためのCRP検査、細菌感染がないかを調べる細菌培養検査、クラミジア感染の有無を調べるクラミジア抗原検査などを行うこともあります。
このように、さまざまな問診と検査を行い、器質的な「原因疾患がないこと」を確認していきます。原因となる疾患がありそうな場合には、さらに詳しく調べるための検査をすることもあります。
 
 

月経困難症は治療できるの?

次のような治療を行い、諸症状の緩和を目指します。
 
 

機能性(続発性)月経困難症

鎮痛剤などを用いた薬物療法を行います。あるいは、プロスタグランジンの過剰な分泌を抑えるため、子宮内膜を薄くする効果のある低用量ピルなどが用いられることもあります。日常生活を工夫することで、改善が見られる場合があります。
 
 

器質性(続発性)月経困難症

薬物療法や手術などを行い、原因となる疾患を治します。原因となっている病気が治ることで、月経困難症も改善することがありますが、それでも月経痛が続くときは、鎮痛剤などを使って症状を緩和させます。
 
 

月経困難症の症状や治療法 :まとめ

 
・月経痛によって日常生活に支障をきたしているものを月経困難症という。
 
・ほかに原因となる疾患がある場合を器質性月経困難症といい、原因となる病気を治療することで、改善することもある。
 
・ほかに原因がない場合を機能性月経困難症と呼び、鎮痛剤やピルなどを用いた薬物療法を行う
 
・問診、内診、超音波検査などを行うことで診断するが、必要に応じて画像検査などを行うこともある。
 
妊娠や出産を経験していない女性の中には、婦人科などを受診したことがない人も少なくはなく、また出産経験がある女性でも、それ以降、何年も受診していないという人もいます。
病気の発見が遅くならないよう、気になる症状がある人は、この機会に婦人科に相談してみてはいかがですか?
 
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
「妊娠超初期 とは? 生理痛のような症状がでる?注意すべきポイントは?」
 
「産後の生理痛は妊娠前とは違う?生理痛がひどくなる場合も!」
 
「更年期の生理痛とは 更年期に生理痛がひどくなる理由とは?」
 
「10代の生理痛は人によってさまざま。10代の生理痛の原因と対処法とは?学校生活が送れないほど辛い生理痛もあるんです!」
 
「子宮内膜症の症状と生理痛は関係があるの?生理痛の原因が実は…子宮内膜症!?」
 
「ひどい生理痛にピルは効果的なの?ひどい生理痛の原因は子宮内膜症の可能性も!?」
 
PMS治療に使われる薬とは?
 
生理痛の原因と対処法について医師が解説した以下の動画もご参考にして頂ければ幸いです。
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。